ニキビ跡ができる原因

公開日:  最終更新日:2015/10/06

ニキビ跡ができる原因はできてしまったニキビ跡の種類によって異なります。

管理人である自分は「赤み」タイプと言われるニキビ跡に悩まされました。

ニキビ跡の種類については別の記事で詳しく紹介したいと思います。

でも、ニキビ跡ができる原因には「共通点」があります。

それは、ニキビを悪化させてしまうことです。

極論、【ニキビ跡はニキビ痕】とも呼ばれますので、ニキビができなければ、「痕」として残ることがないのです。

しかし、ニキビ跡に悩まされる人はニキビを悪化させてしまっているのです。

自分に原因がある

ニキビを潰すこと

実際に私がやってしまったことですが、ニキビを潰すことです。

経験ありませんか?擦り傷をして、「かさぶた」を自分でむいてしまい、傷跡ができた経験など?

それと同じ感じみたいです。

自分はわかっていて、取れそうなニキビを見つけるとどうしても、無理やりとる癖をなかなか治すことができずに苦しんでいました・・・・

ニキビになってしまったら、ニキビを自分で潰したり、とったりしないことです。

アクネ桿菌が皮膚深くまで広がること

これは自分ではわからないのですが、もしかしたら、ニキビを潰すことにより、アクネ桿菌が広がってしまったのかもしれませんが、一般的にアクネ桿菌が皮膚の奥に広がってしまうと、炎症がひどくなり、ニキビ跡になる原因になるみたいです。

間違った洗顔

これは男性に多いみたいなのですが、洗顔の仕方が間違っている。

私も調べたり、指摘されるまで気づきませんでしたが、強く、ゴシゴシ洗顔したほうが脂質や汚れが落ちるものと思っていました。

ニキビになってしまったときは、決まっていつもより、強く顔を洗い流していました。

強く洗顔してしまうと、「ニキビを潰す恐れ」と「肌荒れ」の原因になり、肌環境を乱す原因になり、ニキビを悪化させる要因になってしまうみたいです。

生活習慣の乱れ

ニキビを悪化させる原因は、ニキビができる原因と似ています。

つまり、食生活であったり、ストレス、睡眠不足が乱れていると身体のホルモンバランスなどが乱れ、ニキビになりますが、もちろん、ニキビになるということは、ニキビを悪化させることにもつながります。

原因をしるだけでは意味がありません

原因を知ったからといってニキビ跡が治るはずがありません。

自分がどの要因でニキビ跡になっているのかを仮定し、生活習慣を改善していかなければ、ニキビ跡を消すことはできません。

もちろん、ニキビ跡になる要因を改善しただけでは、ニキビ跡が治らない可能性も充分に考えられます。

しかし、やらないよりは実践したほうが「マシ」だと思いますので、できることからはじめることが悩み改善の第一歩です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑