ニキビやニキビ跡のときに使う洗顔石鹸ノンエー

公開日:  最終更新日:2015/10/06

ノンエー自分がニキビやニキビ跡ができてしまった時に使っているのが薬用ニキビ専用洗顔石鹸「Non・A」です。

「ノンエー」を使うまでは、市販されているメンズの洗顔石鹸を使っていました。

市販の洗顔石鹸をやめて、ノンエーにした理由は、「間違った洗顔をしている」と思ったからです。

自分の中では、ニキビやニキビ跡ができてしまった時は、いつもより熱心に洗顔していたつもりでしたが、洗顔をしていて、肌の状態が良くなっていると感じたことがなかったからです。

そこで、せっかくリプロスキを使うことにしたのだから、一緒に洗顔石鹸も変えてみようと思ったのが「ノンエー」を使いはじめたきっかけです。

実際に使っている感想

1日朝と夜の2回「ノンエー」を使って洗顔しています。

実際に使っている体験談ですが、洗顔している最中から、この石鹸は違うと思いました。

これは、自分が今まで、洗顔する時に「泡立ちネット」を使ってしっかりと、泡立てしていなかったセイもあると思いますが、泡立てた泡を肌に押し付けたら、すごい気持ちよく、肌の奥に入っていくような感じがします。

すすぎ洗いした後の肌の状態ですが、これも今まで使っていた市販の洗顔石鹸と明らかに違いがわかりました。

具体的には、今まで使っていた市販の洗顔フォームは洗顔後、「肌がつっぱる」感じと「肌がかさかさ乾燥」している感じがありました。

これに対して、ノンエーで洗顔した後は、「べたつかずしっとりして、すべすべで乾燥していない」感じで、むしろ、肌が潤っている感じがします。

自分の場合は、使いはじめて1週間ほどしたころから、ひどいニキビでなければ、赤みが薄くなってきます。

これは、洗顔方法を変えたこと、リプロスキンを使うようになったことなど、さまざまな要因があるので、ノンエーがすごい効果的だとは言い切れませんが、洗顔後の肌の状態は明らかに良くなっていると実感できました。

私のノンエーの使い方を紹介します

手に石鹸を持ち、軽く泡立たせる

固形石鹸ですので、軽く手を濡らしていないと、石鹸が溶け出しません。

泡立ちネットを使って泡立たせる

泡立たせることが洗顔の一番のポイントです。

きめ細かな、弾力のある泡を目指してください。

ノンエーの泡

泡を顔全体になでるように広げていく

ごしごし、こすらないように気を付けてください。

泡の弾力で押し付けるイメージです。

これまで、洗顔を少し軽く思っていましたが、「ゴシゴシ」力をいれて洗顔していましたが、これはかえって肌を傷つける原因になり、肌が荒れてしまう原因になります。

そして、自分にあった洗顔石鹸で洗顔することがとにかく重要です。

私の場合は、ニンキやニキビ跡の時はノンエーを使っていますが、人の肌は自分の体質などによって「あうあわない」がでてきてしまうので、まずは、自分になった洗顔石鹸を探すことからはじめてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑