自分が実践している赤みのニキビ跡を治す方法

公開日:  最終更新日:2015/10/06

赤みのニキビ跡

自分はニキビ跡になると必ずこの赤みの症状がでます。

言い換えれば、これ以上悪化もしたことがありません。

赤みタイプのニキビ痕は比較的、ニキビ跡の種類の中でも軽い症状で、正しいスキンケアを行えば、自分で簡単に早く治すことができます。

おそらく、ニキビ跡で悩んでいる人の多くがこの症状で悩んでいるのではないでしょうか?

スキンケアを怠ってしまったり、間違ったスキンケアを行ってしまうと、悪化するおそれもあります。

赤みは何らかの炎症をともなった症状

赤みの症状は肌が何かの原因で炎症しているサインです。

炎症には4つのタイプがあります。

実際に自分がどの症状なのか把握することは難しいのですが、「種類を知れば原因」がわかるので、今後の予防策になります。

肌の奥が炎症している状態

この症状は赤み薄く治ったようにみえますが、実は肌の奥が炎症していて「アクネ菌」が増殖している可能性もあります。

毛細血管がうっ血している状態

炎症している周辺の毛細血管がうっ血して血液が停滞してうっ血してしまう症状です。

化膿している状態

これは自分がよくやってしまってしまうことなのですが、ニキビを潰してしまい「化膿」してしまい、赤みやシミのニキビ跡になってしまう状態です。

赤みのニキビ跡は自分で治すが一番効果的

赤みの症状は肌が炎症している状態です。

つまり、ピーリングやレーザー治療などで肌に刺激を与えてしまうと余計に肌に炎症を与えて赤みがひどくなってしまいます。

自分の場合は「肌のターンオーバー」を促してやることで治すします。

肌のターンオーバーについては「肌のターンオーバーがなぜ重要なのか?」でも紹介しているので参考にしてください。

肌のターンオーバーを促進するために私が行っていることは、「ニキビやニキビ跡になって行うのようになったこと」でも紹介していますが、食生活や睡眠時間などの「生活習慣の見直し」と「スキンケアの見直し」です。

スキンケアについては、洗顔の仕方、洗顔石鹸の見直しと肌の修正に役立つといわれるビタミンCを補給できる化粧水を使うことです。

私の場合、洗顔石鹸は「ノンエー」、そして、化粧水は「リプロスキン」を使っています。

洗顔石鹸や化粧水については、自分の肌と相談して決めるのがベストです。

とにかく重要なのは、肌に刺激を与えずにスキンケアをすることです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした
PAGE TOP ↑