ニキビやニキビ跡になって行うのようになったこと

公開日:  最終更新日:2015/10/06

僕はニキビやニキビ跡が何度もできてしまいました。

ニキビができる原因」と「ニキビ跡ができる原因」でも紹介しましたが、悪い習慣を繰り返してしまっているから、ニキビが悪化しニキビ跡になってしまったのです。

そして、ニキビやニキビ跡が治った後も、意識しないで、今まで通りの生活を繰り返していたので、ニキビをぶり返してしまっていたました。

つまり、ニキビができやすい「ニキビ肌」の環境に肌がなっていたのです。

なかなか、この「ニキビ肌」に気づけずに、何度もニキビやニキビ跡に悩まされていたのが自分です。

肌のターンオーバーを意識すること!

いろいろ、調べてみたら、肌荒れ、吹き出物は「肌のターンオーバー」のサイクルが乱れているのが主な原因のようです。

実際に自分が「肌のターンオーバー」意識して改善したことを紹介します。

ターンオーバーについては「肌のターンオーバーがなぜ重要なのか?」で紹介しています。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れは「ホルモンバランス」の乱れを生じていると考え、生活習慣を改めました。

具体的には、「睡眠方法」と「食事」の2つです。

まず、睡眠についてですが、よく、午後10時から午前2時の間に睡眠しておくことが良いと言われますが、自分の場合、寝る時間が2時であったり、3時であることが多く、明らかに夜型の生活リズムになってしまっていました。

そこで、就寝時間を午前1時にできるように生活スタイルを変化していきました。

また、睡眠不足にならないように、5、6時間以上寝ることを心がけました。

次に「食事」です。

もともと、スナック菓子と揚げ物が好きだったので、毎日のように食べていました。

ずばり、スナック菓子や揚げ物などの偏った食生活をやめました。

いきなり、全部抜くことはきつかったので、スナック菓子を週1程度に減らし、揚げ物は極力食べないようにしました。

洗顔の改善

恥ずかしながら、自分は洗顔石鹸と呼ばれるものを使っていませんでした。

これまで、お湯で軽く流す程度ぐらいで、洗顔をあまり意識していませんでした。

しかし、洗顔をしっかりしないとニキビの原因である「アクネ菌」が皮膚の奥まで広がり、ニキビやニキビ跡の原因になってしまうと言われたので、洗顔フォームを使うことにしました。

具体的には、ニキビやニキビ跡ができてしまっている時は、「ノンエー」というニキビ専用の洗顔フォームを使い、吹き出物などができていない時は、「どろあわわ」という洗顔フォームを使うことにしました。

スキンケアの改善

これまで、ニキビやニキビ跡が「あろうが、なかろうが」、決まって市販の安い化粧水だけを使っていました。

しかし、ニキビやニキビ跡の時は、専用の化粧水を使ったほうが、治りが早く、悪化することを防ぐことができると言われたので、専用の化粧水を使うことにしました。

ニキビやニキビ跡ができてしまっている時は、「リプロスキン」という化粧水を使い、吹き出物などができていない時は、「メディプラスゲル」というオールインワンゲルを使うことにしました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑